神奈川で人気の永代供養

  • 神奈川で人気の永代供養

    • 神奈川県のお寺にお墓があるということは、永年利用で契約をしていることが大半になります。

      その場所にお墓をたてて利用ができるという権利だけを購入したことになり、供養はそれぞれ身内で行わなければならないことになります。



      永代供養というのは、その場所の利用の権利とともにこれから先もずっと供養をしてもらうことができることを指しています。

      跡継ぎがいないという人になれば、神奈川県のその場所にお墓があっても今後は供養が全くされていないということになってしまいます。


      そうなる前に、最後に残された遺族が永代供養に切り替えておけば、これから先もずっと安心して先祖を供養してもらえることになります。



      神奈川県で永代供養をする方法として、屋外と室内の二種類があります。
      今日では室内タイプも人気があり、年間通してきちんと供養が行われますが、お墓参りをするにも足元が良いことから高齢のおじいちゃんやおばあちゃんを連れて家族そろって供養することもできます。ロッカー式や可動収納式などさまざまですが、リーズナブルな予算で利用することができます。また、屋外では合同供養塔で用意されているのが一般的です。
      ここには、骨壺に入れられた状態で設置されることもありますが、全ての人が土にかえるようにそのままで埋葬されることもあります。
      施設によっても用意されている方法に違いがあり、予算的な違いもあります。家族と相談しながらたくさんの施設から比較して決めてみるといいでしょう。



  • 最新考察

    • 神奈川県では、少子化による核家族化や非婚率の上昇により、墓制の継承以前に墓自体の維持管理及び供養する子世代のいない家庭が増加しており、供養の必要の無い永代供養や供養の対象となる高額な墓石を必要としない自然葬への関心が高まっています。永代供養は、寺院や宗教法人が運営する一般的な埋葬墓でも江戸時代には執り行われていた制度ですが、現在神奈川県など都市部で需要が高まっている永代供養は高額な墓石を必要としない事で埋葬時の初期費用を大きく削減するシステムです。...

  • 意外な真実

    • 神奈川県は、工業都市の川崎市や観光都市の横浜市、ベットタウンと称される相模原市など人口の多い都市が県東部に偏っている為、県西部や県南部に比べて県東部は墓地不足が深刻です。しかし、神奈川県は、他の都道府県と比較して沖縄県や愛知県、埼玉県などと並び死亡率が非常に低く、今後増加し続けるとされる年間死者数の増加数も少ないとされていますが、近年自然増減率がマイナスとなっている事で今後墓継承問題がクローズアップされるとして永代供養に注目が集まっています。...

  • 詳しく知りたいなら

    • 自然葬は、雄大な自然の一部として生きて来た人間が死後、再び自然のサイクルの中に還る事を望む人達を中心に1991年以降日本全国で行われる様になり、現在では火葬後の2次的葬送の選択肢の1つとして散骨や植樹葬が行われています。自然葬自体は、国による法整備が進められていない為法律上はグレーゾーンですが、神奈川県では横浜市戸塚区にある横浜市営メモリアルグリーンや横浜市港区の横浜市営日野公園墓地、横浜市西区にある横浜市営久保山墓地などの市営の霊園で植樹葬を執り行う事が出来ます。...

  • マナーの話

    • 神奈川県内にはさまざまな埋葬方法があり、屋外に墓石をたてる他にも室内に埋葬する納骨堂タイプも人気があります。しかし、お寺に埋葬するということはそれぞれに宗派があることになるので、宗教によっては自分の思いとは違う場所に埋葬されることに抵抗があるという家族の人もいるものです。...

top